母子家庭の保険は何に加入した方がいい?

母子家庭になると、出費はすべて自分の収入でまかなう必要があります。賃貸に住むのであれば、まず家賃、そして生活するには食費や光熱費、衣服、子供の教育費など、様々な費用がかかってきます。

こういった出費は必ず発生するものですが、自分で決められるものがあります。それは保険です。

保険はいざというときのための備えですが、健康保険といった国民なら誰でも加入する保険だけではなく、病気になった時や怪我をした時など、かかる医療に対する費用を負担してくれる保険があります。

母子家庭によっては、収入の少ない母親や病気がちの母親もいますよね。いざというとき備えがあると、子供は大人になるまで安心して学校に通わせることが出来ます。

また、母親が入院したときも収入に困らず生活できる保険もあります。もし万が一、母親が病気や怪我で入院したり、あるいは不幸にも母親が亡くなったりした場合でも、子供が生活できる保障があれば安心ですよね。

さらに、母親だけでなく子供のための保険も大事でしょう。子供が幼いうちは健康保険に加入していれば、ある程度の保障を受けられますし、医療費の負担も少なくて済みますが、成長したときのことを考えると、相応の保険に入っておきたいですよね。

ただ保険には沢山の種類があり、どの保険に加入したらいいのか、誰しも迷うことでしょう。

よく言われるのは、その人にとって必要な保障がある保険を選ぶ、というものですが、どんな保障が自分に必要なのか、完全にわかっている人は少ないのではないでしょうか?

そこでここでは、母子家庭の方が加入すべき保険は何か、あるいは加入した方がいい保険は何か、考えてみたいと思います。

目次

母子家庭は最初に死亡保険に加入すべき

まず一番最初に加入すべき保険は、死亡保険です。

死亡保険というのは、母親が亡くなったとき、残された子供の生活を保障してくれる保険になります。

母親によっては病気がちや高齢な人もいるため、子供が学校に通っている途中で母親を亡くしてしまうことがあります。また、事故に合う可能性もないとは言い切れません。

もし不幸にも母親が亡くなってしまったとき、子供は1人で生きていかなければなりません。子供は仕事で働いてはいけない決まりになっているため、生活費をどこからかもらわなくてはいけません。

死亡保険は加入している人、つまり被保険者である母親が亡くなると残された子供がもらえる保険であり、母親の葬式代や教育費、生活費も保障してくれます。

保険料、保障額は保険会社によって幅がありますが、平均的な相場は、月々支払う保険料は月1,000円、受け取れる金額は総合1000万円ほどです。

保障額を増やしたいのであれば、毎月支払う保険料を増やすことになりますが、これは収入との兼ね合いでしょう。

母子家庭では医療保険にも加入しておきたい

母子家庭では、万が一のときに備えて医療保険への加入がおすすめです。それは、医療保険は病気や入院関連による保障をしてくれるからです。

母子家庭は子供と一緒に暮らしているのが母親だけのため、色々と大変です。もし母親が倒れてしまったらどうしていいか分からなくなりますよね。

私も母親が何かあったとき突然焦ることがありました。家事は誰かするのか困ることもありました。もしこれが幼い子供だったら今すぐに食べていく方法や学校はどうするのか考えてしまいますよね。

医療保険の保障範囲は幅広いことから、保険料は死亡保険と比べて一般的に高くなります。

どのような保障を選ぶのか、特約はどうするのかで保険料は大きく変わりますが、保険料は月30,000円、入院1日の場合1日5,000円から10,000円が平均の保障額です。

母子家庭ではがん保険はどうする?

保険の中でも迷うことが多いのが、がん保険でしょう。

がんは三大疾病のひとつであり、日本人がかかりやすい病気というのはよく言われていますよね。実際そうなので、できればがん保険に入っておきたいところですが、ネックは保険料でしょう。

死亡保険はもとより、医療保険などと比べても保険料は高くなっており、その保障内容からすれば仕方がないところですが、それでもかなりの出費でしょう。

もし万が一がんで入院することなどになれば、医療費は相当な額になりますから、そのための備えとしては十分なのですが、経済的に苦しい母子家庭では加入のハードルはかなり高くなってしまいます。

がん保険は、病気がちの母親がいる母子家庭なら加入しておいた方がいいかもしれませんが、死亡保険のように絶対というわけではありません。それは、医療保険である程度備えることができるからです。

確かに母親ががん発症した場合、50万円や100万円などの大きな金額は受け取れますが、母親が健康だったり他の制度に入っていたりすれば、あまり必要とはしません。

もしがん保険に加入するのであれば、一時金を主体とし、入院保証や休業保証などは低くすれば、保険料を抑えることができます。

しかし、経済的の余裕がない母子家庭の場合は、がん保険よりも保証の範囲が広い医療保険を優先するのがおすすめです。

母子家庭では学資保険も入っておきたい

学資保険は、子供の将来の備えとして加入しておきたい保険です。がん保険よりも学資保険を優先して加入するのをおすすめします。

それは、子供の教育費の負担はとても大きく、母子家庭の多くは生活を圧迫することになるからです。

小学校、中学校は公立に行けばそれほど学費はかかりませんが、高校から先はそういうわけにはいきません。どうしてもまとまったお金が必要になります。もし大学に進学したいとなれば、国立であっても入学金、授業料はかなりの金額です。

学資保険はどの保険会社でも加入プランの種類はそれほど多くはありません。保険料を毎月支払うか、年1回か、あるいは全額前納するか、といったパターンがあり、一般的に18歳が満期で、中学卒業時にお祝い金がもらえる、といった内容です。

保険料を月払いにした場合、10,000円が平均の支払額、保証金額は平均200万円です。

学資保険で気を付けなければいけないことは、子供が沢山いると月の支払額も大きくなることです。生活に支障が出る場合は、貯蓄や奨学金を上手く活用すると良いです。

母子家庭で加入する保険、迷ったら相談所を利用

どの保険に入ったらいいか分からない場合は、加入すべき保険の優先度をつけてみてください。特に死亡保険や医療保険は、保障の範囲も広くなっています。

がん保険はがんのみの対象になりますが、医療保険は医療全般が対象になります。

保険は万が一のときのためであり、生活に支障が出てしまい借金をしてまで入るものではありません

大事なのは母親が生きていること、健康なこと、子供が学校に安心していけること、子供が満足して生活出来ることですよね。保険に沢山入ると月々の出費も増えるため、本当に必要な保険は何か、しっかり考えてから加入しましょう。

経済的に余裕がある母子家庭であっても、母親が働くことができる時間は有限です。沢山働けば収入は増えるかもしれませんが、病気で働けなくなると収入はなくなっていまいます。

また、加入期間の途中で保険料が払えなくなってしまわないように、保険の残りの加入期間を調べておくのも大切なことです。

今はショッピングセンターなどに保険の相談所が設けられています。直接保険会社に相談すると、当然ですがそこの保険をすすめられるので、こういった相談所を利用するのも良い方法です。

保険の相談所は特定の保険会社と結びついているわけではないので、公平な判断をしてくれるのが一番のメリットです。個人個人の状況に合った保険や保障を提案してくれるので、保険選びに迷ったら、買い物に行った時に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次