母子家庭だからこそ子供に目を向けた住まい選びを

なぜ母子家庭の住まいは「賃貸」が多いのでしょうか?

よく言われているのは、母子家庭で働けるのは母親だけで、正社員であったとしても一般的に男性よりも収入が少ない、子供が幼くて手がかかるので正社員は難しく、パートやアルバイトしかできないので収入も多くない、といったことでしょう。

母親一人の収入で、食費や光熱費、教育費、交通費、医療費など、すべての生活費をまかわなくてはいけないので、住まいはどうしても賃貸になってしまいます。

母子家庭になった理由にもよりますが、母子家庭になるまで住んでいた住まいに住み続けることができる人もいるかもしれませんが、どちらかと言えば少数ではないでしょうか。

養育費をもらっているという人もいるとは思いますが、それでも相手が出せるぎりぎりの金額なので、生活が一気に楽になることはほとんどないのが実情です。

しかし、中には母子家庭になってからマイホームを手に入れた、という方もいます。とは言ってもマイホームが欲しいと思っても、簡単なことではないですよね。

将来的にはマイホームを目標にして、今は賃貸で頑張る、そんな前向きの気持ちを持てば、毎日の生活も張りのあるものになりますよね。

賃貸に住むことになったとき、どのように考えて物件を選んだらいいのか、経験がないとなかなか難しいでしょう。だからと言って、不動産会社に勧められるままに決めてしまうと後々後悔することにもなりかねません。

そこでここでは、母子家庭に適した賃貸物件の選び方についてご紹介したいと思います。これから物件を探す方はもちろん、今賃貸に住まわれている方は、ご自分の住まいと比較してみて下さい。

目次

母子家庭の住まい、気になる家賃は?

まずは、気になる家賃についてです。

家賃が高い物件ほど、広い、きれい、便利、となってきますが、出せる家賃には限界がありますよね。では、いくらまでの範囲なら妥当となるのでしょうか?

これは、母子家庭の平均年収から考えると計算しやすくなります。

母子家庭の方の平均年収は、およそ240万円だと言われています。月収だと約20万円です。家賃相場は月収の3分の1が目安とされているので、そこから計算すると、平均6万円前後の家賃相場で探すと良いと分かります。

年収がこれより多いのであれば、払える家賃の金額も上がります。

ここで気を付けたいのは、養育費をもらっている場合です。

養育費の目的は「子供の養育のため」で、他の目的に使うことは禁じられています。つまり、養育費を家賃に使うことはできません。家賃はあくまでも養育費を除いた収入を見て決めなくてはいけません。

母子家庭の住まい、賢い選び方とは?

母子家庭での賃貸物件選びでは、学校や職場から近いことは絶対条件に挙げましょう。特に、実家が近い方が、自分になにか遭ったときに頼りになると思います。

また、物騒な事件が多いこともありますし、一人っ子なら学校が近くにあるところの方が子供にとっても安全確保がしやすくなります。放課後はそのまま児童館に預けることも可能でしょう。

学校や職場への近さは住まい探しでの条件として一般的ですが、そこに実家との距離も考慮すると、子供もママさんも、そして実家のご家族にとっても安心感に繋がるでしょう。

また、子供の学校を変える必要がないというのもポイントです。

離婚によって転校せざるを得ないのならやむおえませんが、転校しなくても問題無いのなら、子供の気持ちを汲むことも親として大切なことです。そうで無くとも一人にさせてしまう時間が増えてしまいます。

転校しなければ、お友達と遊べる時間を増やすこともできますから、子供の気持ちも早く落ち着きを取り戻せるのではないでしょうか。

母子家庭の住まい、防犯性をチェック

母子家庭の住まいで何よりも心配になるのが防犯性です。

自分たちのことを根掘り葉掘り探られたくないからと、近所付き合いはしたくはないかもしれません。しかし適度に人目があり、不審者予防になる賃貸物件を選ぶことが好ましいでしょう。

セキュリティーがしっかりしているセコム付きのマンションは理想的ですが、それでは家賃も高いので、なかなかおすすめという訳にはいきません。だからこそ、環境で選んだほうが子供との住まい環境としては安心できると思います。

転校させない距離感で公園が近くにあるか、同じアパートやマンション内に子供のいる家庭が多い場所を選ぶのも良いでしょう。

子供が多い物件ほど、パトロールも強化されていますし、物音や子供の声などに敏感ではないので、離婚してから情緒不安定な頃の子供の声などで苦情もないと思います。

明るく子育てができる住まい環境を選ぶように意識を働かせましょう。

母子家庭の住まい、マイホームは無理?

賃貸は何かと制約が多く、自由がききません。また、子供が成長していけば、すぐに手狭になってくるでしょう。そのため、今は賃貸でも将来の住まいはやっぱりマイホームを、と考えたくなりますよね。

しかしマイホームを持つことは簡単ではありません。

簡単でない一番の要因は、「住宅ローン」でしょう。

母子家庭の場合は住宅ローンが組みにくい、と言われているのを聞いたことはありませんか?

たしかに、片親だけよりも両親がそろっている家庭の方が住宅ローンの審査に受かりやすいかもしれません。また、母子家庭より父子家庭の方が組みやすいかもしれません。

その傾向は否めませんが、だからと言って母子家庭だと住宅ローンを組めない、という訳ではありません。ただ、そのためには色々なことを知っておく必要があります。

母子家庭でも安定した収入があれば、十分審査に通過する可能性はあります。なぜなら、審査で銀行が確認するのは離婚歴ではなく、「返済能力」だからです。

逆に、父子家庭や両親が揃っていても、個人経営者だったり、転職を繰り返していたり、借金の滞納履歴が目につくようならば、審査落ちする可能性もあるんです。

今は、母子家庭向けのローン商品を扱っている銀行もあるので、気になる物件があるなら一度相談してみることをおすすめします。

毎月支払っている家賃の金額で住宅ローンが組めるのであれば、マイホームも夢ではないですよね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次