母子家庭で粗大ごみを無料で引き取ってもらう方法

どんなに工夫しても、生活をしていると絶対に出てくるのが「ごみ」です。そしてその「ごみ」を処分するにはお金がかかります。

ごみの処分方法は、たいていは市町村ごとに決められたごみ袋に入れて、週の中の決まった曜日に決められた場所に出すことになっています。そしてその「ごみ袋」は基本、自分で買うことになります。自治体の中には、ごみ袋を配布してくれるところもありますが、それは少数派で、ほとんどの人は自分で買っているのではないでしょうか?

救いなのは、ごみ袋はそれほど高くなく、100均で10枚100円くらいで売ってくれています。サイズが変わっても、枚数、値段が変わらないのは不思議ですが、とにかくこの値段でごみ袋が買えるのは母子家庭にとっては助かります。

しかし問題なのは「粗大ごみ」でしょう。

家具のようにごみ袋には入らないような大きいごみ、入ったとしても、燃えなかったり資源にはならないごみは「粗大ごみ」として引き取ってもらうことになりますが、その費用が安くないからです。

粗大ごみは通常、1個いくらで引き取られていきますよね。そしてその費用は地域によって違っています。それは粗大ごみの引き取りは各自治体が実施しているからで、住む所によって費用が変わるのはそのためです。

そして実際の費用は粗大ごみ1個あたり数百円で、ごみ袋と比べると相当に高いですよね。

では、粗大ごみを安く出す方法はないのでしょうか?母子家庭などのひとり親家庭のための支援制度には色々ありますが、粗大ごみの引き取りに関係する支援はないのでしょうか? 

そこで色々と調べていくと、母子家庭で粗大ごみを無料にしてくれる制度があることがわかったので、ここではその内容や手続きなどについて紹介します。

目次

粗大ごみって、どんなごみ?

粗大ごみの引き取りは各自治体が実施していることから、どんなごみが粗大ごみになるのか、自治体によって違いますが、決められた大きさを超えるごみや、テレビやパソコンなどのような家電リサイクル法の対象になっている電化製品以外の電化製品、たとえばドライヤーや掃除機などを粗大ごみとしているのが一般的でしょう。

一般的に木やプラスティック、金属が粗大ごみに該当しますが、中には粗大ごみは不燃物に限定していたり、引き取れないものを指定している自治体もあります。また大きさについても、30cm以上の大きさに限定していたり、特に指定のない所もあります。

そのため、自分の住んでいる地域では何が粗大ごみになるのか、自治体の窓口に確認しないといけないですね。

粗大ごみの引き取り費用

繰り返しますが、粗大ごみの引き取りは各自治体によって実施されていることから、その費用も地域によって変わってきます。いくつか例をあげてみてみます。

東京都23区

23区では料金の区分は共通で、400円、800円、1,200円、2,000円、2,800円の5種類あります。

どの粗大ごみがいくらの料金になるかもほぼ同じで、

400円:アイロン台、椅子、IHクッキングヒーター、花瓶、カセットコンロ、カバンなど
800円:アルミサッシ、オーブンレンジ、鏡台、こたつ、子供用滑り台、自転車、ひとり掛けソファーなど
1,200円:マッサージチェア、ベッドマット、シングルベッド、プリンター、たんす、チェスト、カラーボックス、テーブルんど
2,000円:ステレオ、三人掛けソファー、ソファーベッド、ダブルベッド、ランニングマシンなど
2,800円:オーディオラック、下駄箱、戸棚、流し台、仏壇、ペット小屋、マッサージチェア、物置など

さすが粗大ごみと呼ぶだけあって、かなり大きなものまで引き取ってくれますね。ただ大きくなるにしたがって、引き取ってもらう費用は高くなっていきますが。

神奈川県横浜市

横浜市では粗大ごみを「家庭から出されるもののうち、一番長い辺が、金属製品で30センチメートル以上のもの、それ以外(プラスチック商品、木製品など)で50センチメートル以上のもの」としています。

料金の区分は、200円、500円、1,000円、1,500円、2,200円の5種類です。

200円:音響・映像機器、照明器具、ストーブ類、扇風機、掃除機、いす、カラーボックスなど
500円:ベビーベッド、戸棚、テレビ台、テーブル、鏡台、一人用ソファー、カーペットなど
1,000円:二人用ソファー、書棚、畳、たんす、テーブル、マットレスなど
1,500円:物置、机、たんす、食器棚、サイドボードなど
2,200円:スプリングマットレス

他の市も同じようにいくつかの料金区分があって、粗大ごみによって料金が決まっています。

母子家庭で粗大ごみを無料にしてくれるところは?

粗大ごみの引き取りにかかる費用は市などのホームページを見れば書いてありますが、母子家庭やひとり親家庭が無料になることをはっきりと書いてある市はわずかで、東京都の区や市と神奈川県の主要市などです。

大阪市や名古屋市、福岡市などは、市のホームページに、粗大ごみにの引き取り費用や申し込みの仕方などは書いてありますが、無料になるような記載は見つけられません。そのまま解釈すれば、母子家庭であっても無料にはならない、ということですが、実際はどうなのでしょうか?

試しに、名古屋市の粗大ごみ受付センターに確認してみましたが、無料になる制度はありません、との回答でした。生活保護を受けている方は無料になる、という話も聞きますので、まずは自分の住む地域の粗大ごみセンターに確認するのをおすすめします。

母子家庭で粗大ごみの引き取りが無料になる条件

母子家庭で粗大ごみの引き取りが無料になる条件は、東京都の区の場合、児童扶養手当や特別児童扶養手当の支給を受けていること、となっています。

母子家庭の多くは児童扶養手当の支給を受けていると思いますので、条件からはずれることは、ほぼないでしょう。

横浜市の場合は、生活保護世帯、福祉医療証の交付を受けている世帯などを無料とする、となっています。母子家庭で生活保護を受けている、福祉医療証を持っているのなら、無料になるということですね。

母子家庭で粗大ごみ無料引き取りの申し込み方法

母子家庭で粗大ごみ無料引き取りの申し込み方法は、東京、横浜市とも、電話による受付となっています。

粗大ごみの引き取りの申し込みはネットでできるようになってますが、無料の申請はネットではできず、ちょっと面倒ですが電話で申請します。

粗大ごみをなくすことを考える

母子家庭で粗大ごみが無料になる制度はないか調べてみた結果、確かに東京都や横浜市にはそういう制度はありましたが、そのほかの地域では、市役所などに聞いてみないとはっきりしないことがわかりました。

そこで少しでも粗大ごみにかかる費用を少なくするため、粗大ごみをなくすことは考えてみてはいかがでしょうか?具体的には、リサイクルッショップに売る、フリーマーケットに出す、といったことです。

リサイクルショップで買い取ってもらえれば、費用をはらうどころか逆にお金をもらえてしまうことになります。もし値がつかなくても、タダでよければ引き取ってあげるよ、と言うショップもあって、そうなれば処分に費用がかかりません。

粗大ごみが大きくて自分で持っていけない、というのであれば、家まで引き取りに来てくれるリサイクルショップもありますよ。

また、もしフリーマーケットが近くにあるのなら、出してみらどうでしょう?たとえ10円でも20円でも買ってくれう人がいれば言うことなしですが、タダでもいいので引き取ってもらえたらラッキーですよね。

このように工夫することで、粗大ごみの処分にも困らなくなるのではないでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次