離婚後も家に妻が住む、住宅ローンは借り換えた方がいい?

家は大きな買い物です。時には一生に一度の大きな買い物、とも言われていますよね。そしてその金額の大きさから、ほとんどの場合、住宅ローンを組んで購入しているのではないでしょうか。結婚して子供が生まれ、新しく家を買う、家は住宅ローンを組んで、という方は多いと思います。

しかし長い人生の中では色々な予測不可能な事態が発生します。離婚もその中の一つ、と言って良いでしょう。

離婚してたとえば母子家庭になったとき、すぐに決めなくてはいけないのは、住まいをどうするか、です。住んでいた家を出て新しく家を探す、収入から考えると賃貸、というケースは多いですよね。また、家から元夫の方が出て行く、というパターンもあるでしょう。

その場合、もし家を住宅ローンで購入していたのであれば、そのローンはどうなるのか、誰が返済することになるのか、といったことが問題になってます。

離婚して元夫が出て行き残った妻が住む場合、家の名義を妻にするのであれば、住宅ローンをどうするかは妻の方で決めなくてはなりませんが、一番多いのは、自分の名義の住宅ローンへの借り換えです。

ただ、住宅ローンを組んだ経験はあっても借り換えの経験をされた方は多くはないでしょう。借り換えるにはどんな手続きが必要で、借り換えることで何か負担が増えたりしないのか、色々不安になりますよね。

そこでここでは、住宅ローン返済中に離婚して夫が出て行って妻が残って住む場合、借り換えはどうしたらいいか、解説したいと思います。

目次

離婚で住宅ローンを借り換える、事前に名義と家の所有者の確認を

離婚で住宅ローンを借り換えるとき、まず現状の住宅ローンの名義などの契約内容や、家の所有者等の情報を確認する必要があります。

結婚して家を買う時、まさか離婚するなんて想像していなかったと思います。ほとんどの場合、夫の名義で住宅ローンを組み、所有者も夫の名義になっています。そのため、いざ離婚して夫が家を出で行き、残った妻が住む場合は様々な問題が発生します。

離婚するとどのような問題が起こるのか、そしてその問題に対してどのように対応していったらいいか、順番に見ていきます。

離婚で住宅ローンを借り換える、一番最初にすることは?

大前提として、住宅ローンは契約者が住む事を条件としています。それは融資の際、契約者の信用情報を基に融資しているからです。

離婚して元夫が出て行って妻が住む場合、そのまま放置していると契約違反としてローンの残債を一括請求される恐れがあります。

また、将来に渡って離婚した夫がちゃんとローンを払い続けてくれるか、不安も残ります。

例え本人にその気があっても、長いローンの返済期間中に、不慮の事故とか病気で支払が出来なくなる可能性もあります。最悪、支払が滞り、競売に掛けられ、住む家を失う事態にも成りかねません。

そのような事態を避けるには、借り換える前に住宅ローンも家の所有者も妻の名義に変えておく必要があります。

そうすれば元夫に頼る事なく、住み慣れた家に安心して住み続ける事ができるからです。

離婚で住宅ローンを借り換える、名義変更がベストな理由とは?

しかし現実問題として、今借りている銀行では債務者の名義変更は渋って中々受けてくれません。そのため、他の金融機関での借り換えを検討する必要があります。新規の貸し付けであればその銀行の実績にもなり、前向きに取り組んでくれる場合が多いからです。

また借り換えには、連帯保証人を外せる、というメリットも有ります。

離婚前に組んだローンで妻が連帯保証人になっている場合、もし夫の支払が滞った時に連帯保証人である妻に残債を一括請求されるからです。

離婚で住宅ローンを借り換える、デメリットはない?

ただし、離婚で住宅ローンの借り換えをするにはデメリットもあります。メリットと合わせて解説します。

借り換えのメリット

  • 債務者の名義変更ができる
  • 連帯保証人を外す事ができる
  • 借り替え先によっては、融資の条件が良くなる

借り換え先によっては、融資の条件が良くなる

ローンの金利はその時々の経済状況などによって、一定期間ごとに見直されます。そのため、最初に元夫が契約したときの金利より借り換えるローンの金利が低い、ということは十分に起こりえることです。

また、住宅ローンを提供する金融機関でも金利は結構違います。低金利の住宅ローンに借り換えすることができれば、返済の負担も軽減できます。

借り換えのデメリット

  • 申し込みに諸費用がかかる
  • 古い住宅ローンの完済に手数料がかかる
  • 必ずしも条件が良くなるとは限らない

申し込みに諸費用がかかる

住宅ローンを利用する際には、手続き等に伴い、一般的に次の費用が発生します。

1)融資手数料

住宅ローンを借りる際、金融機関に支払う手数料です。借り換えの際にもかかります。

2)ローン保証料

住宅ローンを返済できなくなった時のために連帯保証人を立てますが、それができないときは、代わりに保険会社に保証人になってもらうことができます。その際に、保険会社に支払う費用です。借り換え額や返済期間によって、保証料は変わります。

もし連帯保証人を立てることができれば、この費用は発生しません。

3)仲介手数料

物件を斡旋してくれた不動産会社に払う費用です。

今回のような借り換えの場合は関係なく、費用は発生しません。

4)火災保険料
5)地震保険料

もし加入しているのであれば、借り換え時にこちらも名義変更が必要です。

契約内容によっては複雑な手続きが必要になることがあるので、保険会社に相談してみましょう。

6)団体信用生命保険料

住宅ローンの契約者が何らかの事情で返済ができなくなったとき、返済を免除してくれる保険で、ほとんどの人は加入していると思います。

保険料としてはそれほど多くないので、残されることになる子供のことを考えれば、借り換え時に加入を継続、加入していなければ加入しましょう。加入しているのであれば、名義変更をしておきます。

このように借り換えには多少のデメリットも発生するため、金融機関と良く相談しながら慎重に進め行くのが良いでしょう。

次に、借り換えの手順について説明します。

離婚で住宅ローンを借り換える、どのように進めたらいい?

住宅ローンの借り換えは、大きくはこのような手順で進めることになります。

1.借り換え先を比較検討して相談に行く
2.申し込みをして審査を行う
3.融資が決まったら新しい銀行と契約を結ぶ
4.古いローンを完済する
5.名義変更等の手続を行う

ここでのポイントは、できるだけ多くの金融機関を比較する事です。

金融機関により金利などの融資の条件に違いがあるので、少しでも条件の良い所で契約しましょう。特に金利は0.01%でも違えば返済総額が大きく変わるので、頑張って少しでも低い金利のローンを探しましょう。

また、申し込めば誰でも借りれるということはなく、最後までちゃんと返済が可能か、審査を受け、通らないと借りることができません。

そのため、審査に落ちる事もあるので、複数の候補を持っておく必要があるからです。

離婚で住宅ローンを借り換える、問題の先送りしない

離婚するには結婚する時の倍以上のエネルギーを消費するとも言われています。この状況の中で様々な手続きと並行して、住宅ローンの借り換え作業を行うのは本当に大変な事だと思います。

しかし、問題を先送りして放置してしまうと、後からもっと大変な事態に発展してしまいます。

離婚したはいいけど「こんなはずじゃなかった」と後悔しない為にも、もし行き詰まったら一人で悩まずに、必要ならば専門家のアドバイスを受けながら、焦らずに進めて行く様にしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次