離婚した夫名義の住宅ローンの家に妻が住むと母子手当はもらえない?

結婚し、夫名義で住宅ローンを組んだ家に妻と子と家族で住んでいる、という家庭は多いでしょう。

その状態で、もし不幸にも離婚となった場合、元妻がどこに住むかによって、色々な問題が起こることが考えられます。

日本では、夫婦が離婚をすると妻が子供の親権を持つ、いわゆる母子家庭になるケースが多く見られますが、子供の学校や生活環境などを考えて、母子家庭側が離婚した夫名義の家に住む、という選択は珍しくありません。

新しく住む場所を探すのは大変で、もし見つかったとしても引っ越し費用がかかる、家賃を払わなくてはいけない、子供が学校に行っているのであれば転校が必要になるかもしれない、役所への届けなどの手続きが必要になるなど、元の家に住み続けることができれば、メリットは沢山あるからです。

しかし、そのときまだ住宅ローンが残っているのであれば、夫名義の家に元妻が住むことは、実はリスクが潜んでいる可能性があります。それは、母子手当をもらえなくなるかもしれないことです。

母子手当では、収入にもよりますが扶養する子供一人につき、全額支給で月4万円を受け取ることができるので、これは大切な収入になります。今住んでいる家にこのまま住み続けたいけれど、母子手当がもらえないのは困りますよね。

収入が十分にあれば問題ありませんが、働いていたとしてもパートやアルバイトで収入は少なく、専業主婦ともなればまったく収入がない状態で、途端に生活に困るようになってしまいます。

可能であれば、母子手当をもらいながら家に住み続けたい、それができれば一番でしょう。

そこでここでは、離婚して母子家庭になった後も、元夫名義の住宅ローンの家に妻が住むと本当に母子手当がもらえないのか、またもしもらえないのなら、何か対処方法はないのか、について見ていきたいと思います。

目次

住宅ローンが残っている夫名義の家に離婚した妻は住める?

そもそも夫が住宅ローンを組んだ家に、そのまま子供と一緒に妻が住むことはできるのでしょうか?

答えは、はい、住むことは可能です。

もし住宅ローンを完済しているのであれば、家の名義を夫から妻へと変更すればOKです。

しかし住宅ローンがまだ残っている場合は、少し難しくなります。お金を工面して、住宅ローンの残りをすべて返済してしまうか、住宅ローンを妻名義であらたに組み直す必要があります。

住宅ローンの全額返済か新規住宅ローンの契約、これが実際にできるかどうかは別として、どちらの方法も、夫名義の住宅ローンが残っている場合でも、そのまま家に妻が住むことができます。

住むことができるのはわかりました。では、母子手当はどうなるのでしょうか?

母子手当てがもらえなくなるケースとは?

多くの母子家庭のシングルマザーの現実として、正社員より非正規雇用率が高く、収入が少ない傾向にあります。そのため、母子手当を受給しながら生活をしている世帯も多いでしょう。

そのため、家の住宅ローンはそのまま夫に払い続けてもらいたい、と思う人も少なくありません。

しかし、離婚した夫が住宅ローンを支払っている家に住み続けていると、母子手当はもらえない可能性があります。それは母子手当の支給の条件として、所得制限があるからです。

母子手当の支給を受けられるのは、決められた所得よりも少ない母子家庭世帯です。その所得よりも多い世帯は支給を受けることはできません。

離婚しても夫が住宅ローンを支払い続けている場合、家賃を援助してもらっている、とみなされます。すると妻の所得に毎月の住宅ローン支払い額相当がプラスされることになります。

このとき、もしその金額が母子手当の所得制限の金額を上回ると支給の条件からはずれることになり、母子手当の支給は受けられなくなる、ということです。

住宅ローンの支払い額や実際の収入にもよりますが、母子手当の支給は受けられないか、受けられたとしても全額支給ではなく、一部支給となる可能性は高いでしょう。

また住宅ローンを完済している場合でも、夫名義のままの家だと母子手当てを受給できないリスクがあります。

離婚をして母子手当の請求手続きをする際には、住所や家の名義を確認されるものです。もしこの時、離婚した夫名義の家に住んでいるとわかると、母子手当はもらえない可能性があります。

これは、偽装離婚などによる母子手当の不正受給を防ぐためです。

書類の上だけ離婚をして実際にはそのまま住み続ける、そして母子手当の支給を受ける、これが不正受給ですが、お役所の人が毎日家に来て確認するわけではないので、簡単にできてしまいます。

そこで住所と家の名義を確認するのです。もし自分の住所と家の名義が違うと不正受給が疑われ、収入が所得制限より少なくても母子手当の支給を受けることができません。

住宅ローン返済者以外は住むことができない?

そもそも基本的には、住宅ローンの返し終わっていない家に、返済者ではなく第三者が住むのは契約違反になります。

たとえば、夫が単身赴任で別の家やマンションに住み、住宅ローンを支払っている家に子供や妻が住む、といったケースは問題ありません。

しかし、住宅ローンの返済者である元夫が自宅とせず、住んでもいない家に離婚をした妻が住むのは契約違反であり、色々なトラブルの元になります。

母子手当をもらいながら住宅ローンを組むのは難しい

離婚をしても、それまで住んでいた家に住みながら母子手当をもらうには、元夫から元妻に名義変更するのが最もリスクがありません。

そしてそのためには、住宅ローンを完済してしまうのが一番です。ローン残債のない住宅なら、簡単に名義変更ができます。

住宅ローンを完済できない場合、母子手当の支給を受けるには、元妻が住宅ローンを組み、返済をしていく必要があります。

このとき、住宅ローンを組んだら母子手当がもらえなくなるのでは?と心配になるかもしれませんが、母子手当の支給は所得で決まるので、所得が変わらない限り、住宅ローンを組むのが原因でもらえなくなることはありません。

とは言っても、そもそも母子手当の支給を受けなくてはいけないほどの所得では、住宅ローンを組めないケースが圧倒的に多いでしょう。

住宅ローンを組むなら、最低でも300万円の年収がほしいものですが、それだと母子手当支給の対象外になってしまいます。

ただし、住宅ローンの残債が少ない場合や借り入れをする銀行によっては、あらたに住宅ローンを組むのも不可能ではありません。まずは、銀行に相談してみるといいでしょう。

離婚を決めたなら準備を早めに進める

離婚には色々な理由があると思いますが、ある日急に離婚を決めた、決める、ということはほとんどないでしょう。それなりの過程を経て離婚、というのが一般的な流れと思います。

ということは、実際に離婚をして別々に住むようになるまで、ある程度の時間があり、相応の準備ができる、ということですよね。

母子家庭になり、それまで住んでいた家を出るのがわかっているのであれば、その時になって困らないように準備しておくのが一番の対処方法ではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次