母子家庭でも在宅で簡単に始められるライターのバイトとは?

母子家庭で、子供がまだ幼いので仕事はバイトをしている、という方もいると思います。

バイトには色々な種類はあり、自分の都合に合わせて働けるというメリットがありますが、職場まで行かなくてはいけない、というデメリットもあり、バイト中は子供をどこかに預ける必要があります。

子供が幼いときは、できるかぎり一緒にいたいですよね。そこで今なら母子家庭の方に向いているバイトとして、自宅でできる在宅ワークがあります。在宅ワークであれば、子供を預ける先について心配することなく働くことができますよね。

そしてそんな在宅ワークの中でも、母子家庭に向いているバイトと言えるのがライターです。

ライターはパソコンがあれば自宅で簡単にできるので、男女問わず始める人が増えてきています。そこでここでは、ライターという仕事について、詳しく紹介します。

目次

ライターとはどんな仕事?

ライターとは、Web上で公開する記事などを作成する仕事です。

ネットを開くと色んな記事が沢山でてきますよね。そういう記事を書くのは記事を出している会社や個人とは限らず、ライターさんに書いてもらってる記事も一杯あります。

つまり、代わりに記事を書くのがライターの仕事、ということになります。いわゆる外注さんです。

個人が在宅でライターとして働く場合は、ネットを通じてクライアントから依頼を受け、仕事をこなしていく形となります。

在宅でライターのバイトをするメリット

在宅でライターのバイトをする一番のメリットは、自分のペースで作業を進めていけることです。

ライターの仕事は記事1本あたり、もしくは1文字あたりで単価が設定されており、仕事をこなした分だけ報酬を受け取れる形が一般的です。

時給制の仕事の場合、決められた時間内はずっとパソコンにいなければいけない、作業をしていなければいけないなど、行動を制限されることになります。しかし、歩合制の仕事であれば、時間に縛られることなく自分のペースで仕事を進めていくことができます。

勿論、クライアントが設定した納期を守る必要がありますが、どんな納期になるかはクライアント次第です。急な依頼をしてくるクライアントもあれば、ゆったりとした納期を設定してくれる業者もあります。

またライターのバイトは、基本的に個人で仕事を探したり、引き受けたりする形で行っていくため、どこの仕事を引き受けるかなどは、自分で自由に選ぶことができます。

たとえば、母子家庭の中でもまだ子供が小さく、なかなか作業に集中できないという場合は、納期が長めのクライアントと契約をして仕事を進めていく、ということも可能です。

ライターの報酬はいくらくらい?

ライターの仕事の報酬は仕事の内容やスキルによって変わってきますが、基本は記事の文字数から決まり、1円/1文字~5円/1文字で計算されるのが相場です。1000文字書くと1000円、といった具合です。

また、1記事2000文字で3000円といった依頼もあります。

ライターのバイトは全く未経験でも気軽に始められる仕事として人気です。ただ経験も実績もない状態で仕事を始める時は、安い単価の仕事から始め、徐々にレベルアップしていくのが一般的です。

文章力や知識に自信があるという人であれば、いきなり単価が高い仕に応募をすることもできるでしょう。そのためには、どれだけ文章力があるか、どんな分野を得意とするか、などを分かりやすく示すことができるポートフォリオ作成をしておくと良いでしょう。

経験がなくても実力が分かる資料があれば、そこから仕事を掴める可能性が生まれる可能性があるからです。チャンスはできるだけ広く構えておく、仕事を増やすコツです。

最初は全くの未経験でライターとして通用するか不安だと思います。そこでまず、簡単にできそうな仕事を探すところから始めることがおすすめです。母子家庭なら、子育てや日常の苦労など、自身の経験が生かせる記事が書けますよね。

そういう仕事は大抵は単価が低く、それほど収入にはならないかもしれませんが、いくつか仕事をこなせば、そのことが経験や実績となっていきます。

そうして仕事をこなすしていく中で、自分の強み、得意な分野などが見えてきたら、ポートフォリオに追加してクライアントにアピールをするなどの行動を起こせば、単価が高い仕事を獲得できるようになっていきます。

ライターのバイトで効率良く収入を得る方法とは?

ライターのバイトで効率良く収入を得る方法は、あらゆるジャンルを対象にするのではなく、専門性が必要な分野に的を絞ることです。たとえば美容系や薬品系など、専門的な知識を持つ人は、単価の高い仕事を引き受けやすくなります。

これまで専門的な仕事をしてこなかった、一般的な仕事しかしていないという人もいるでしょう。しかし、自分にとって普通の仕事と感じることでも他者から見ると専門性がある、と感じることは珍しくありません。

そこでライターの仕事を始める際には、自分の中に活かせる知識がないか、探しておくと良いでしょう。専門性は、仕事以外に趣味の中から探すことも可能です。

どうやっても自分には特別な知識がない、と思ってしまうのなら、ライターのバイトをこなす中で、自分に合ったジャンルを見つけていくのがおすすめです。興味があるジャンル、文章を書いていて楽しいと感じる分野であれば、無理なく知識を身につけていくことができます。

ライターのバイト、これは絶対ダメ

ひとつ注意をしておかなければいけないのが、間違った情報を書かないこと、です。

たとえば、薬事法という法律があります。この薬事法に触れるような問題のある内容を書いてしまうと、大きなトラブルを引き起こす可能性があります。

法律や過去の史実、科学的にはっきりしていることなど、事実と違うことを書くのもNGです。クライアント側でもライターの書いた記事は確認する義務はありますが、都金は気が付かなかったり見逃したりすることもあります。

もしクライアントに何らかの被害があると、ライターに損害賠償を求めたり、ライターとしての経歴に傷が付き、仕事を受けられなくなることもあります。

そうならないためには、専門知識を活かしたライティングを行う際は、文章を書く前に書こうとしている情報に間違いがないか、必ず確認するようにしましょう。

ライターのバイト、収入を増やすには?

専門性の高いライティングは、最初こそ時間がかかることが多くても慣れてくればスムーズに仕事をこなせるようになっていきます。そして仕事に慣れれば、単価アップを狙うことも可能です。

さらに1日当たりにこなせる仕事量が増えれば、その分、手にできる金額も増えることになります。

また依頼の中には定期的に記事を書く仕事もあり、そうなると収入も安定します。そして定期的な記事の仕事をいくつか請け負うことができれば、まとまった収入が期待でききるようになります。

自分なりの専門分野を作ること、定期的な仕事を請け負うこと、ライターのバイトで収入を増やすなら、この2つを目指しましょう。

ライターのバイトはいつまでも続けられる仕事

そんなライターのバイトの魅力は、いつまでも仕事を続けられることです。

母子家庭で子供が小さい間は、子育てや家事と仕事の両立がしやすいライターのバイトを、さらに子供がある程度大きくなったら、本業を持ちつつライターの副業で稼ぐなどの働き方もできます。

一般的な仕事とは違い、ブランクを気にせず、いつでも復帰できることもライターの仕事の魅力のひとつです。

そのため、母子家庭でも気軽に始められるバイト、本業としても副業としても活用できる仕事を探したいというのであれば、在宅でできるライターの仕事を始めてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次